読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「四季、式として / それでも尚、未来に媚びる 」によせて

何処か窮屈で、何かにイライラしてた。

カートやジミヘンみたいに27歳には死ぬんじゃないかと本気で思ってた。

特に嫌なこともない筈なのに、鬱屈した毎日。

 

 

18歳の春、全く知らない人達と映画を撮ることになった。思えばあの日、生まれて初めて自分にとって意味のあること、価値のあることを選んだのかもしれません。

 

撮影帰り、近鉄奈良線で見た夕焼けの奈良の景色。

そんな事をふと、「昨日のこと」の様に思い出した。

 

 

あらゆる物や事柄、全て最初は無価値で無意味。

それに価値を見出すのは自分自身。

他人からすればガラクタでも、自分にとっては宝物。

 

 

 

また、春に会いましょう。

 

f:id:myde:20170308074751p:image

 

My December / バーニング・カジハラ・ファイヤー