回顧録 vol.5

2nd Single 「kiki」

 

今作は全作品の中でイレギュラーというか、転換期というべきか。

簡単に言うと「変化」を求めてた。

自分でやってたジャケット、レコーディング&サウンドエンジニアなどの環境を変えた唯一の作品。

なので唯一 音が違う感じになってます。

特にドラム。「レコーディングはドラムで決まる」と思い知らされました。

 

先ずはジャケット。

f:id:myde:20181020084820j:image

 

この頃はよくdigme outというカフェに行っててそこで紹介してもらったWalnut氏にジャケットを依頼。Walnut氏はその後サマソニの物販やマルジェラのデザインで羽ばたいていきました。Beck / Guerroや手書きのラフな感じでって話をしてて、自分ではやらないバンド名とタイトルを前面に出してもらった。

 

 

レコーディング&サウンドエンジニアとミックスは8otto Dr./Vo. マエノソノさん(以下マエソンさん)。

新神楽のライブで8otto Ba. トラさんのお父さんと知り合ってイベントオファーがあり(お父さんがイベントする斬新さ)そのイベントのPAをマエソンさんが担当してたのがキッカケ。

当時、と言うかバンドはじめた初期から8ottoの事は知ってて(ライブもガンガン行ってたし)まさか関わってもらえるとは思ってなかったのでリハから鬼緊張。

 

うちのメンバーにも8ottoの話しはもちろんしてたけど、顔までは知らなくて「かじくん、リハからめっちゃ緊張してるけど」って言うてきた牧野がタバコをふかしドカッと座ってるソファの後ろに8ottoのポスターが。

「後ろ見ろ!」と指指したら「早く言うてや!」と若干怒られた。

その日の打ち上げでも緊張で全然喋れなくて… メンバーはガンガン喋ってたけど笑。

無知って凄いなと思った…。

そんな機会もあってか、偶然同じスタジオを使う様になり最近録音やりはじめたから一緒にやろうと話してくれて録音をお願いしました。

 

 

楽器録音場所は2つ。

メインの「kiki」は自然の鳴りや空気感が欲しくて天井の高いclub vijon、残り2曲は普段使ってたstudio do-doにて録音。

ボーカル録音とマスタリングは稲田さん立会いの元、M4IIスタジオ。

ミックスに関してはちょうどその頃にマエソンさんが別のバンド Muddy Apesをやりはじめてレコーディングの為に渡米したりでPCでやってくれてました。

この頃辺りからこまちゃんがボイトレに行ったり、村ちゃんがドラムレッスン受けに行った時期やったかな。

メンバー4人とも独学で、特にボーカルは出し方でどんどん変わっていきました。

 

 

1. 発狂する唇

バラードを作ろうと意気込んでスタジオに入ったんですが…。

イントロ〜Aメロまでのリフは僕が。サビのコードとメロディは牧野。A、Bのメロディはこまちゃん。と、少しややこしい作曲方法なんですがうちでは割とあります笑。

2回目のサビ前ブレイクが半拍になっててライブでたまにズレたりしてました。すみません、練習します…。

基本は8/8拍子。間奏の途中、ギターだけ6/8になり不協和音スレッスレのサイケデリックな曲に仕上がりました。あいつ毎回よく弾けるなと感心してます。気を抜くとつられてわけわからんくなるので僕も村ちゃんも間奏のギターは聴かないことにしてました笑。

タイトルは佐々木浩久監督の発狂シリーズ 映画「発狂する唇」から拝借。

 

2. スロバキアより愛を込めて

出来た時に皆が「これこそB面に入るべき曲」と生まれた瞬間 勝手に運命づけられたナンバー。

ハネたリズムから一転しBメロ、ラストのサビと表情豊かなんですが何回聴いてもやはりB面。

タイトルは映画「ルパン3世 ロシアより愛をこめて」をもじって。

因みにスロバキアには行ったこともないし、メンバー4人そのような家系は見あたりません。

 

3. kiki

牧野が作曲のタイトルナンバー。

今までだいたい2〜4コードだったのが、倍の8コードぐらいに増えて覚えるのにちょっと苦労しました。慣れや慣習の恐ろしさ。

メジャーコード + 牧野のピッキングや自然のリバーブ具合と歌詞が相まって慈愛に満ちた曲に。この曲を歌ってる時のこまちゃんは全ての罪を受け止め母なる大地で包み込む…そう、マリアです。

ライブでは鉄琴を奏でてからベースを弾き、大サビではドラムペダルにタンバリンを付け踏みまくる 最早1人チンドン屋状態の時もありました。

因みにこの曲でMVを作ろうとしてたんですが頓挫。

タイトルは映画「魔女の宅急便」から。

因みにこの時までずっと黒猫ジジをキキやと勘違いしてました。

 

 

 

余談として、マエソンさんのもう1つのバンド Muddy ApesのメンバーにLUNA SEAのGt. INORANさんがいて、レコーディングで渡米してる間「kiki」のミックスしてた時にINORANさんが「良い曲」だと褒めてくれたみたいです。

マリアはこまちゃんじゃなく、INORANさんでしたね。

トラさんがPangeaで働いてたこともあり、Pangeaでライブやりはじめたのもこの頃ですかね。マエソンさん、トラさんにはお世話になりっぱなしです。

 

使用機材は変わりなく、ベース本体が解散まで使うことになるEl・Mayaに変わりました。

回顧録 vol.4

1st DVD「fix」

 

1曲15分、プログレよろしく異色作。

1stと言いながら最初で最後のDVD。

自分達の曲を並べてみたら尺が長いのに気づき、それならとことん長くやってみようと試みた実験的作品。

音楽だけだと長く感じてしまうからショートフィルムみたいに映像と一緒に発表しました。

会場限定100枚で販売。

 

ジャケットはこれ。

f:id:myde:20181017053925j:image

 

趣味のコラージュ。気に入ってます。

前作と同じように自分用の製品版は見つかりませんでした笑。

 

 

曲に関してはプログレと言うよりかは、交響曲に近い感じで作りました。

大まかに3つのパートに分けての作曲と練習。

この後ツアーに出るんですが、ライブでやることなんか考えてなかった笑。

レコーディングも3パートにわけて録音。

鍵の音や色々こだわりました。1曲やのに結構お金かかった…。

ドラムがズレてるというか気になる箇所があって、村ちゃん以外の3人は採用を反対したんですが「敢えてこうしてるんだ」と本人は譲りませんでした笑。

 

 

映像はプロットを作ってから撮影。

外の撮影は寒くて、電気がない場所なので照明用に発電機を借りてやってました。演奏シーンのロケ場所は式場などで使われてる所で(グランドピアノとかもあった)直接アポをとって自分達の作品作りの熱意を伝え撮影を快諾していただきました。

後日HPでも宣伝してくれて感謝。

 

初めて行った宮崎でのライブでバンドはうちら入れて2バンド、お客さん3人だったり鳥取でもツーマンで長テーブルにうちらの物販だけ、とか色々ありましたね。

ツアーファイナルのセットリストは「fix」の頭のパート部分を切り取り1曲目にして、ラスト前の曲から「fix」のラストパートを繋げて演奏。ファイナル意外のツアー箇所では一切演奏してなかったと思います笑。

一体何を考えていたのでしょうか笑。

 

以上「fix」の解説でした。

 

 

この頃までベースはバッカスのメイプルを使用。アンプはGallien-Krueger 800RB、足元はBossのチューナーとSansAmp Bass Driverを歪みとして使用。

竿以外ほぼ当時のLOSTAGE 五味兄さんと同じ機材というマニアっぷり笑。

 

喧嘩も多かったし、1番お金無かった気がする…。

今は無いと思うんですが、当時ツアーには炊飯器持って行ってて会場に着いたら先ずご飯を炊く作業をやってました(余ったご飯は駒ちゃんがオニギリにしてくれるサービスあり)笑。

回顧録 vol.3

1st Single 「yume or utsutsu」

3曲入りのシングル。

ヘヴィな部分も残しつつ、前作から変わって歌謡曲や6/8拍子のアプローチなど、今思うと後の2nd Albumの布石かの如く曲が配分された1枚だと思います。

僕この音源持ってないんですよね…。

 

1. 夢か現

2分強をテンションマックスで駆け抜けるナンバー。作ろうと言って30分ぐらいでだいたい全部出来上がりました笑。

牧野がギターフレーズとボーカルとベースをユニゾンしたいとゴリ押してきたのは覚えてます。

ベースぐらいドシっと構えてルート弾いた方がいいんじゃない?と反対したんですが、今となってはこれで良かったなと。

こまちゃんとの声とも合って、良い曲です。

ベーシックのレコーディングは荒さやノリが欲しくてドラムベースギター全部一緒に録音。間奏の叫んでるとこも1発録音です。

余談として、十三ファンダンゴのライブでこの曲を演奏してた時にベースが鳴らなくなって(あとでわかったんですがアンプの電源コードが抜けてました)、ベースを捨ててタンバリンを叩き狂ったこともあります。鳴らないベースなんかただの重い木なんで投げ捨てました笑

この曲で初めてPV作ったんですが、カメラが1台しかなくて… アングル変えたいから50回フルテンションで演奏してめちゃくちゃ疲れましたね。

タイトルは漫画「ベルセルク」の中のフレーズから。

 

2. 嘘には口づけ

みんなのルーツにもなってる歌謡曲ナンバー。

サビのランニングベースは気に入ってます。

ライブで1度だけ こまちゃんがギターボーカルをやったこともありました。ちょっと尺長いかな〜。

タイトルはなんとなく歌謡曲っぽいなと思ってつけました。

 

3. アラスカ

My December結成前に牧野とやってたバンドの時に作った曲で、Demoには「I'll comeback for you」というタイトルで収録してました。

サビ以外のアレンジとタイトルを変えて今作に収録。

さらに年数を経てLive ver.アレンジとして「Alaska」に変化。なのでこの曲だけ実質3パターンあります。

2番のBメロが半分になってるのが効いてますね。

イントロの風の音はレコーディングスタジオに常設してた扇風機です。

 

 

以上1st Singleの解説でした。

聴き返そうにも音源持ってないんで覚えてる感じで書きました。

この頃あたりから自分達がいる場所というかライブをすることの意味とか考えはじめて、ホームという場所を作らなくなりました。当然知らないバンドと一緒にやることも増え、ツアーもめちゃくちゃ行った気がします。

 

f:id:myde:20180925064416j:image

 

この頃のアー写、恥ずかしいぐらいカッコつけてますね…。当たり前にみんな若いし髪の毛長い。

 

 

回顧録 vol.2

1st Album 「showcase」

 

かなり病んでるジャケット笑。

筆じゃなくて絵の具を指につけて描いてます。

 

f:id:myde:20180913190108j:image

 

何なんでしょうかこれは。何故これにしたのかはよく覚えてません笑。でも収録曲とジャケットが割とマッチしてるんじゃないでしょうか。

 

余談として、この頃からジャケットやバンド周りの色々を自分でやるようになりました。やりたがりなんですよね。一応メンバーにも意見を聞いたりしてましたが最終的には出来上がりを見せて有無を言わせないようにしてました笑。

表現することに溢れてたんでしょうきっと。

 

アルバムタイトルは当時よく一緒にライブをやっていた「イモン」というバンドのGt. ケーマくんに「お前らライブっていうか、ショーケース観てるみたいやわ」って言われたのがキッカケ。

 

 

「showcase」

1. eadGBE

ギターのフィードバックから次の曲へと繋がるイントロ。

靴音とドアの音はレコーディングスタジオの廊下で録音。たしか牧野のブーツやったような。

ギターのフィードバックがフェードインして次の曲へと繋がります。

タイトルはギターのレギュラーチューニング。

何故わざわざ大文字小文字に分けたのは覚えてません笑。

 

2. Les Enfants Terrible

あんまりライブでやってなかった気がします。

村ちゃんらしいドラミング、ハイハットが綺麗ですね。スネアの抜けがすごい。

Bメロがハミングという斬新さ笑。

タイトルはジャン・コクトーの小説から。

読み方は「レス アンファンツ テリブル」。

通称「ゾンビ」。

鹿児島でライブをやった時に、このタイトルの曲が気になって観に来てくれた外国の方がいました。

 

3. LIBIDO

当時バラードが無かったのでバラードを作ろうとスタジオに入った結果、この曲が出来ました笑。

ベースは指弾き、スラップもやってましたね。

シャウトは僕です。

ギターのフィードバックから裏拍でイントロが入ってくるのはTHE RUSMAS「In the Shadow」、2番AメロのギターはRADIOHEAD「Creep」のオマージュ。

 

4. サカナ13

村ちゃん曰く、僕がイントロのベースを持ってきてすぐに形になった曲らしいです。多分そんな手直し無しに勢いで録音したんでしょう。

読み方は「サカナサーティーン」。通称「サカナ」

オイルサーディン」みたいな感じで読んでください。

ベースの休符をもっと気にしろよと当時の自分に言いたい。

 

5. 真理の箱舟(信仰mix)

THE USED「Buried Myself Alive」みたいな曲を作ろうと牧野が意気込んで作ってた記憶があります。当時結構気に入っててアルバム発売前にこの曲を枚数限定で無料配布してました。アルバムに入ってるのはmix違いです。

メロはL'Arc〜en〜Cielでオケは洋楽スクリーモ寄りの個人的に初期曲の中でメンバーの個性、やりたかった事のバランスが上手く反映させれた曲だと思います。

途中、ライドシンバルだけになってからギターアルペジオが加わりシャウトするアレンジはTHE USED「Say Days Ago」、Finch「What It Is to Burn」のオマージュ。

タイトルは映画「Distance」劇中に出てくる新興宗教から。

 

6. again again again

どうやってできた曲か思い出せない…。

ライブではあんまりやってなくて、村ちゃんがアウトロでズレて3人がめちゃくちゃ怒った記憶あり。

今作では1番好きな曲。

タイトルは当初「again again」にしてたんですが、The Smashing Pumpkinsが「TONIGHT,TONIGHT」なら俺らは3回言ってやろうと。

そしたらBeat Crusadersが「TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT」というシングルを発売しました笑。

 

7. サ&\%徒)=

デスボイス、シャウト満開のハードナンバー。この曲もどうやってできたか思い出せない…。

当時ライブでは頻繁にやってましたが、どんどん音楽性が変わりはじめいつのまにか封印。

読み方は「サディスト」。

タイトルの文字化けは椎名林檎「絶頂集」のオマージュ。

 

8. landscape

元々は違うメロディーでDemoに収録してたんですが、メロディーを大幅に変えて再録。

AメロのベースラインはBRAHMAN「Great Help」を、間奏のドラムはL'Arc〜en〜Ciel「flower」を参考にしてます。

ライブではイントロのアレンジを変えLive ver.として10年ぐらいずっと演奏してる唯一の楽曲。

 

 

 

以上1st Albumの解説でした。

久しぶりに聴き返してみたんですが、楽曲は重たいながらにサビはキャッチーに仕上げれてるんじゃないでしょうか。

しかしながら、解説しないとわからないオマージュ感がハンパない笑。

ほとんどの曲は演奏しなくなった為、ベースをどう弾いてたか思い出せない部分もありますがやはり少し演奏のヨレたとこや音色の使い方などまだまだなとこがありますね。

こまちゃんのボーカルの声量や巧さで助けられてるというか、まだ楽器隊がガッツリ固まってないというか。

 

この作品からほとんどの楽曲を同じレコーディングスタジオ、エンジニアの稲田さんに録音してもらってます。

誰の紹介でも無く、飛び込みで行ったのでまだ稲田さんも手探りだったんじゃないでしょうか。

 

この頃はジャンルが固まったブッキングなどでライブをしてましたがどんどん知識も増えやりたい事の方向性など変わっていき、次の作品からシャウトや重たい感じが減りはじめ、幅広い音楽をインプットし自分達なりに咀嚼した作品になっていきます。

 

回顧録

作り手が作品を解説するのは野暮ってやつであまり好きではないんですが、色々考えてメンバーと作ってきたので出来るだけ届いて欲しいなと思うこともあり、作品解説というか振り返ってみようと思います。

これはもちろん主観なので、記憶違いや思い出せないことも多々あると思います。

その辺はご了承ください。

 

作品を解説する前に、先ずバンド名。

4人が集まって初めてライブすることになったんですが、ライブ数週間前にバンド名をつけてないことがわかり(バンド名つけるのをガチで忘れてました)候補を募る事に。

覚えてる限りの候補は以下。

銀河鉄道の昼

・My December

・Perfect Tail

・ゴッドホルス

 

もうMy Decemberしかないでしょ。

牧野が考えた銀河鉄道の昼じゃなくてよかった。マジで。

 

由来はもちろんメンバーも好きなLinkin Parkの曲名から拝借。確か1stの日本盤ボーナストラックに入ってたはず。あんな名曲が何故にボーナストラックなのかは謎。

 

それもあってか、1st Album「showcase」はエモーショナルな1枚に。

この頃はLinkin ParkThe UsedFinch、L'Arc〜en〜Ciel、DIR EN GREY、THE RUSMUSなど好んで聴いてた気がします。

意識はしてなかったけど、周りから言われてたのはゴシックロックに近い感じがあったみたいです(一時期これでみんなちょっと悩んだ)。

初期から4人とも共通してたのはメロディを重視した楽曲、儚ささを感じさせる楽曲を好んでたんじゃないかと今となっては思います。

長いお別れ

My December ZINE

「The Long Goodbye」

・A4サイズ、カラー28P ¥1200(送料別)

 

f:id:myde:20180731115209j:image

 

web shopにて販売開始しました。

僅かながら在庫ありますのでよろしくお願いします。出来栄えはいい感じです。

http://mydecember.thebase.in/

 

解散してから作る作品で儲けても嬉しくはないのでギリギリの値段設定にしてます。

なので完売しても儲けはないし、どちらかと言うと赤字に近い笑。

 

 

これにてMy December 11年間の活動にピリオド。

また4人集まることがあればお知らせしますね。人生何があるからわからないので。

来年するかもしれないし、死んでもやらないかもしれない。聞かれると冗談で「BOOWYが再結成したらやる」とか言ってますけど(終演後の打ち上げで、がーこやスグルくんが泣きながら訴えてくれてました)。

バンドというのは自分だけの問題じゃなくメンバー全員の意志が無いと成し得ないもので面倒くさもあり、そこが愛おしく愛でるべきとこなのかも知れません。

この先の人生何が起こるかわからないので Twitterのアカウントは念のため残しておきます。

 

 

幸いにも僕らには作品がある。

バンドや芸術家、アーティストにとって作品は「記録」であり 僕達が確かにその時代に生きていて 鳴らした音を封じ込めた、生きていた「記録」。

大切に聴いて、見て頂けたら幸いです。

その時には僕ら4人の事をちょっぴりでも思い出してくださいね。

 

 

 

駒ちゃん 牧野 村ちゃんが居てこその11年間でした。メンバーのみんな、ありがとうね。

人生の1/3を最高にクールでカッコイイ ボーカリスト&ギタリスト&ドラマーと過ごし、各地色んなとこでライブ出来て楽しかったよ。

最後にこうやって4人の姿を写真に残せた事、とても嬉しく思います。

改めて関わってくれた沢山の方々、対バンしてくれたバンド、ライブハウスに観に来てくれた方々、何かしらでMy Decemberを知ってくれた方々。

感謝でしかありません、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

それにしてもカッコいいな、My December。

The Long Goodbye

お久しぶりです。

毎日暑いですがお元気でしょうか。

解散してるのにブログを書くのは何か変な感じがしますが、近況報告です。

 

紆余曲折ありました写真集がやっと出来上がりそうです。これから入稿して不備がなければ来月頭にでも販売します。色々あって発売の時期がめちゃくちゃズレました、すみません!

 

元々は解散する前、去年から構想してて、写真+音源で販売しようと考えてました。

スタジオで新曲も作ってたんですが解散することになり新曲は無しに。音源は無くても最後にどうしても作りたかった作品です。

 

で、肝心の内容なんですが当初予定してした内容より少し変更あります。

主に2018.2.10のラストライブでの写真になりました。ウエノくん撮影写真と僕が撮ったのも数的載ってます。

それと、手描きのフライヤーやレコーディング時に使っていた手書きの歌詞、挿絵を掲載してます。

 

販売方法はweb shopにて販売、もしくは僕が持ち歩いてたりたまにライブ観に行ったりしてるので声かけてくれればお渡し出来ます。DMなり何なりしてくれて大丈夫です。

部数はそんなに作らないのでお早めにお願いします!

 

 

 

個人的な近況としては今機材をちょくちょく集めて宅録しようと思ってます。

My Decemberはスタジオに集まって作るかなりアナログ的且つ、デジタル皆無な作曲方だったのでこの歳になってPCや機材の事を1から勉強してます。この間久しぶりに音を出した時はやっぱり楽しかった。自分1人でどこまで出来るかワクワクしてます。

ライブやるかはわかりませんがやれる状況は作っていきたいなと思ってます。

 

 

次は写真集出来上がったら更新します。